10歳若く見られる 40代 アラフォー世代 美容 健康 口コミ まとめ♪

10歳若く見られるため 40代を美しく健康で過ごすために色々試してまとめています

シミになりやすいひと、なりにくいひと。シミにならないための体質改善法

投稿日:

気になるシミ、根本から何とかしたい!体質から変える方法、教えます

シミ体質改善

気が付くと、いつの間にか増えてしまうシミ。
日焼け止めもしっかり塗っているし、日傘も刺しているのにシミが増えてしまうと、何だかショックですよね。
対策しているのにどうしてシミが増えるの?・・・とお悩みの方に、今回はシミができる理由や、根本からシミができにくい体質になる方法をお教えします。

 
 

どんな人にシミができやすいの?

シミは誰にでもできるもののように思えますが、シミができやすい傾向のある人というのは確かに存在します。
どんな人にシミはできやすいのでしょうか?

シミのできる遺伝的要素のある人

色白の人は、そうでない人に比べてシミができやすい体質だと言われています。
これは、普通の肌色の人に比べて体内のメラニン色素が少ないためで、わずかな紫外線でもメラニンをより多く生み出しやすいためです。

血液がドロドロの人

血液がドロドロの状態の人も、シミができやすい体質であるといえます。
血液がこの状態にあると血流が悪くなり、身体に必要な酸素や栄養素が行きわたらなくなり、シミを作り出しやすい状態になるのです。

 
 

シミを作りやすい生活スタイル

体質ばかりでなく、日常の過ごし方の中にも、シミができやすい要因はいっぱい隠れています。
どんなことがシミの原因となるのかを見ていきましょう。

うっかり紫外線を浴びてしまう

最もシミを生み出しやすいのは、紫外線を浴びてしまうことです。
しっかり日焼け止めをしているつもりでも、時間がたつと汗で流れてしまったりして、無防備な肌をさらしてしまうこともあります。

日焼け止めでケアしているのになぜか日焼けしてしまう、という方は、こまめに日焼け止めを塗るようにした方がいいでしょう。
2,3時間おきに日焼け止めを塗りなおすようにすれば、まずは安心です。

睡眠が足りてない

睡眠不足もシミを作り出す大きな要因です。
睡眠不足が重なると、全身の代謝が落ちてきて、肌のターンオーバーが乱れてきます。
通常、ターンオーバーの働きによって、生み出されたメラニン色素は時間とともに体外に排出されていきますが、ターンオーバーが乱れていると体内にどんどん蓄積して、シミを作り出します。

 
 

根本的にシミができにくい体質になるには?

紫外線や睡眠不足など、日常生活の中にもシミの要因は潜んでいるものです。
しかし、そもそも根本的にシミができにくい体質になる方法はないのでしょうか?

まずは肌のお手入れ方法を変えよう

まずは、お肌のお手入れ方法を見直すようにしましょう。
シミができやすい人はビタミン、特にビタミンCとビタミンAが不足していることが多く、これらを意識的に摂取することが大事です。
ビタミンCとビタミンAは肌細胞の再生を促してくれるので、美肌の強い味方です。
これらを定期的に摂取することで、できているシミが薄くなることが期待できます。

また、上記でも少し触れましたが、外出時には日焼け止めをしっかり塗り、また2,3時間おきに塗りなおすことを忘れないようにしましょう。
紫外線が強いと言われる時期には特に注意が必要です。

その他、シミは肌の血流不足や、乾燥によってもできてしまいます。

肌が乾燥している自覚のある方は、とにかく保湿を徹底的に行いましょう。
最近は肌を保湿してくれる「セラミド」入りの化粧品が多く販売されているので、肌ケアのためにぜひ取り入れてみてください。

また、血流不足を解消するために、顔のマッサージをすることも有効です。
オイルを塗って、優しく顔のマッサージをし、血流を促してあげましょう。

肌に刺激を与えないようにしよう

お肌のお手入れにもつながる話です。
化粧を落とすときに、コットンなどで肌をこすることもあるかと思いますが、この時肌を摩擦して余計な刺激を与えないようにすることが大事です。
化粧を落とすとき、また洗顔後に肌の水分をふき取るとき、力を込めないよう充分に注意しましょう。
肌は刺激を覚えると、シミの原因となるメラニンを生成してしまいます。

コットンで化粧を落とすときは、クレンジング剤をたっぷり使うようにしましょう。
また水分をふき取るときも、ゴシゴシふき取らず、ポンポンと優しくタオルなどを肌に当てるようにしましょう。

化粧品はライン使いをしてみよう

化粧水や乳液、美容液などは全てバラバラのメーカーのものを使っている人も多いかと思いますが、よりスキンケア効果をあげるためには、同じメーカーのものをライン使いすることをおすすめします。
こうすることによって、より高いスキンケア効果を期待できます。

思い切って高い美容液を使おう

美容液には高価な成分は配合されていることが多く、高いスキンケア効果を期待できます。
これまであまり化粧品にお金をかけてこなかった場合は少々勇気がいりますが、お肌のために思い切って高い美容液を購入してみるのも良いでしょう。

シミへの効果を狙うなら、美白成分である「ビタミンC誘導体」を配合してある美容液がおすすめです。

栄養バランスの良い食事をしよう

栄養バランスの悪い食事はお肌の大敵です。
特にシミケアをしたいなら、美白効果を期待できる食材を積極的に取り入れていきましょう。
ビタミンC、ビタミンB2、リコピンなどといった栄養素には、抗酸化作用がありますので、どんどん摂取していただきたいものです。
以下に、美肌に有効な栄養素を詳しくご紹介します。

1、ビタミンC・・・美白効果が高く、抗酸化作用もあります。
シミの原因となる活性酸素を除去してくれる上、メラニンの生成を抑えてくれる優れた栄養素です。
ゆず、赤ピーマンなどに豊富に含まれています。

2、ビタミンB2・・・身体の新陳代謝を正常にし、メラニン排出を促してくれます。
豚や牛のレバーに多く含まれます。

3、リコピン・・・メラニン生成を抑えてくれるだけでなく、すでに受けた紫外線ダメージを修復してくれる作用があります。
抗酸化作用も強く、その作用はなんとビタミンEの100倍。
トマトに多く含まれています。

4、アスタキサンチン・・・抗酸化作用が高く、また活性酸素を除去してくれるので、紫外線によるダメージを修復してくれます。
化粧品などにもよく使われているほか、蟹やエビにも多く含まれています。

以上のような美肌に良い栄養素をできるだけ頻繁に取り入れましょう。
また、以下に血液をきれいにする食材もご紹介しますので合わせて取り入れてみてください。

1、玄米・・・コレステロールが体内に吸収されるのを抑えてくれます。
血液をきれいにしてくれるだけでなく、食物繊維も豊富です。

2、豆類・・・食物繊維が豊富な豆類は、血液をサラサラにしてくれる作用があり、お肌や身体にとても良い食材です。

3、野菜・・・緑黄色野菜は抗酸化成分がたくさん含まれています。
これも血液をサラサラにしてくれるので美肌作りには欠かせません。

身体の冷えに注意しよう

お肌のお手入れや食事以外にも、シミケアのためにしなければいけないことがあります。
それは、身体を冷やさないようにすることです。
身体の冷えというとついつい冬だけのことかと思ってしまいますが、実は夏でも身体の冷えに注意すべきなのです。
エアコンの冷気や冷たい飲み物など、気づかないうちに体を冷やしてしまうものがたくさんあります。

身体が冷えると、当然ながら血流が悪くなり、シミやくすみを作り出してしまいます。
夏は暑いからお風呂はシャワーだけで済ませる、という人も多いかと思いますが、できるだけ湯船にしっかり漬かり身体を温めるようにしましょう。

また、身体をできるだけ動かすことも大切です。

 
 

体質を改善し、シミができにくい身体になろう

いかがでしたか?
何気ない日常の中に、シミの原因となるものがたくさんあることをご理解いただけたかと思います。
日常の習慣がシミを作ってしまうなら、その習慣を変えることでシミを改善することもできるはずです。
できることから少しずつ、生活習慣を変えていき、シミができにくい体質へと変えていきましょう。

 
 

-40代 スキンケア
-

Copyright© 10歳若く見られる 40代 アラフォー世代 美容 健康 口コミ まとめ♪ , 2017 All Rights Reserved.