10歳若く見られる 40代 アラフォー世代 美容 健康 口コミ まとめ♪

10歳若く見られるため 40代を美しく健康で過ごすために色々試してまとめています

そのシワ、諦めていませんか?シワの予防と改善は日常の習慣から!

投稿日:

鏡を見るとついつい目に入る、顔のシワ。
これまでいろいろケアしてきたけれど、結局何をしても変わらなかったし、最後は美容整形にでも行かなきゃダメだわ・・・とお考えの方も多いと思います。
でも、諦めないでください。
日常のちょっとした習慣を改めることで、シワを改善・予防することができるのです。

シワ 予防

 
 

そもそも、どうしてシワはできる?

肌内部の水分減少

シワの大きな原因となりうるのは、まず肌内部の水分や皮脂の減少です。
加齢などにより、水分や皮脂が低下し続けると、身体は乾燥状態という危機的状態から肌を守るため、角質細胞をどんどん増やしていきます。
この角質細胞が分厚くなり続けると崩れて隙間が生まれますが、これがシワになるのです。

肌の弾力の低下

加齢による筋力の低下も、シワの大きな原因となります。
筋力が低下すると肌の弾力も低下しますが、これにより肌のハリが失われシワを生ずるのです。

女性ホルモンの低下

女性の体内では、年齢を重ねるにつれてどんどん女性ホルモンが低下していきます。
女性ホルモンには「エストロゲン」というホルモンがあります。
これは体内にコラーゲンを生み出す成分でもあるのですが、この働きがだんだん失われることによりシワが生じます。

紫外線によるダメージ

加齢のみならず、紫外線の影響もお肌に大きなダメージを及ぼしシワを生じさせます。
紫外線の中に「A波」と呼ばれるものがありますが、これは肌内部にまで浸透し肌を酸化させ、シワを作り出します。
コラーゲンなど肌の若々しさを保つ成分を破壊するこの作用は「光老化」と呼ばれます。

シワをつくる原因はほかにもたくさんある

上記では主に加齢による原因をご紹介しましたが、他にもシワを作り出す原因はたくさんあります。
それは悪い姿勢による筋力の低下、間違ったお肌のお手入れ、乱れた食生活、極端なダイエットによるタンパク質不足、喫煙などです。
一つ一つは些細なことかもしれませんが、度重なるとシワの大きな原因となりえます。

 
 

シワもいろいろ、たくさんあるシワの種類

紫外線によるシワ

紫外線が肌にダメージを与えることはすでにご紹介しましたが、紫外線を浴び続けると肌内部の真皮という部分にあるコラーゲンが減少していきます。
同時に、コラーゲンを支える「エラスチン」が衰え、肌の弾力性がなくなって肌に溝が生じやすくなり、やがてそれがシワにつながるのです。
これは真皮シワと呼ばれるものですが、表皮シワというものもあります。
これは肌表面が水分不足になることによって起こるもので、表面に細かいシワができている状態をいいます。

表情によってできるシワ

人は泣いたり笑ったりすると顔に様々な表情を作り出します。
この表情によってできるシワを表情ジワといい、何度も同じ感情表現をしていると特定の部分により強くシワが表れやすくなります。
やがて、年齢を重ねるとその部分にシワが刻まれていくことになるのですが、これは何も年配の人だけのことではなく、若い人でも特定の表情を繰り返していれば同じことが起こりえます。
表情ジワには様々ありますが、代表的なのは目じりにできる笑いジワや、眉間にできるシワです。

乾燥によるシワ

顔の肌の表面にできてしまうちりめんのようなシワのことですが、どこか特定の部位にできるという特徴はなく、どこにでも表れます。

肌が乾燥することによってできるこのシワは、主に体内の異常によって引き起こされるものです。
急激な体重の増加や減少、極端な栄養失調、脱水などがその原因です。
また、炎症などの皮膚疾患が起きたあとにできることもあります。
適切な治療をしないまま放っておくと、そのまま固定するだけでなく、どんどん増えてより大きなシワを形成することもあります。

 
 

シワが刻まれるまで

シワはある日突然定着するものではありません。
いくつかの段階を経て、真顔の状態でもシワが表れるようになります。

人は日常、様々な感情表現をしますが、何度も同じ表情が繰り返されると、やがて肌の表面に表情線の一部が残ります。
このわずかな表情線が、紫外線や摩擦の刺激などの肌ダメージによりだんだんと刻まれ、はっきりとした深い跡になり、真顔の状態でもシワとして定着するようになるのです。

 
 

シワを予防する、ちょっとした習慣

熱いシャワーを顔にかけるのはNG

肌の表面には肌を守る角質がありますが、これは熱いお湯の刺激を受けると剥がれ落ちてしまい、同時に肌を保護する脂分も流してしまいます。
これは肌の乾燥を招き、シワの原因となるので、熱いシャワーを顔にかけるのは絶対にやめましょう。

横向きに寝る姿勢はたるみをつくる

寝るときに横向きに寝てしまうと、首や顎、腰などにストレスをかけてしまいます。
度重なるとどんどん肌がたるみやすくなり、シワの原因となるので、仰向けの姿勢で寝るようにしましょう。

化粧品の油分に注意しよう

肌の健康には、適度な保湿が欠かせません。
しかし保湿のために油分を含んだ化粧品を使いすぎると、かえってそれがたるみを引き起こすことがあります。
肌に良いと思われる化粧品でも、過剰に使うのは肌に負担をかける行為です。
用法・用量を守り適切に使いましょう。

頬杖は肌に大きな負担をかける

机に座っているとき、ついつい頬杖をついてしまう人は多いですが、実は頬杖は肌に大きな負担を与えてしまう姿勢です。
これを繰り返すとだんだん皮膚がたるんできて、シワを作り出しやすくなります。
また、ものを食べるとき片側の顎ばかりで咀嚼するのもたるみの原因です。
顎の筋肉が均等に使われないと、左右が非対称になり、歪んだたるみにつながります。

うつむく姿勢は筋力を衰えさせる

本やスマホを覗き込んでいると、ついついずっとうつむいたままになってしまいますがこれも非常に良くありません。
ずっとうつむいたままでいると筋力が衰えてしまい、頬や口角にたるみを生じてしまいます。
また、猫背などの曲がった姿勢により顎を突き出すような恰好でいることも同じように筋力を衰えさせます。
猫背は頬や前首の筋肉を下方向に向かわせてしまい、皮膚のたるみを引き起こすので、姿勢の悪い自覚のある人は意識して顎を引き、正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

 
 

シワ予防には保湿が一番

乾燥により、すでにシワが定着してしまっていたとしても、適切に保湿をすることで薄くすることが可能です。
保湿をすることにより細胞が修復されるからで、シワを薄くしたいと思ったら保湿効果の高い化粧水、マスクなどを積極的に使うことが有効なのです。
シワ予防、またすでにできているシワのケアのためにも、積極的に保湿をして肌に水分を与えましょう。
また、適切に油分を与えることで、肌の水分保持効果をより高めることができます。

 
 

シワ予防のため、内側からもケアしよう

サプリメントを活用しよう

シワを予防するため、サプリメントも積極的に活用していきましょう。
おすすめのサプリメントはコラーゲンやプラセンタです。
コラーゲンは肌の潤いを保ち、細胞が水分を保つ働きを高めてくれますし、プラセンタは新陳代謝を促進し、活性酸素を取り除いてくれます。

食べ物にも一工夫しよう

シワ予防のため、普段の食事にも気を配りましょう。
以下に紹介する食材を食事に取り入れることで、これからできるシワを未然に防ぐことができます。

1、ブルーベリー ・・・ 抗酸化作用が強いので、細胞が酸化によって傷ついたとき、そのダメージを修復することができます。

2、トマト ・・・ 栄養素を豊富に含み、健康効果の高い食材です。中でもトマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が強く、シワ予防のため積極的に摂って欲しいところです。

3、ダークチョコレート ・・・ 砂糖がたくさん入った甘いチョコレートではなく、カカオが高純度のチョコレートは皮膚の血流を増加させ、真皮の潤いを保つ優れた作用があります。

4、鮭 ・・・ 鮭には「オメガ3脂肪酸」という油分が多量に含まれていますが、これは細胞の老化を防いでくれるだけでなく、真皮が水分を保つのを助けてくれる作用もあります。

5、ビタミンCを多量に含む食材 ・・・ ビタミンCが健康に良いことは広く知られていますが、シワ対策にも効果抜群です。それはビタミンCがコラーゲンの生成を促し、さらに肌内部の繊維細胞を活性化させる働きがあるからです。
ビタミンCを含む食材を意識して食べるようにしましょう。ただし、紫外線を取り込んでしまう性質があるため、昼間に摂取するのは避け、夜になってから摂取するようにしましょう。

 
 

シワ予防、それをやったら逆効果!

シワ予防のためあれこれ化粧品を使っても、お手入れの仕方が間違っていたら、むしろシワを増やしてしまいかねません。
ここでは間違ったお手入れの仕方を上げていきますので、心当たりのある方は注意するようにしてください。

長時間のマッサージは良くない

お肌をマッサージすることは、お肌のターンオーバーが正常になるのを促す効果もあり、効果的です。
しかし、良いこととは言え、長時間やりすぎてしまってはいけません。
お肌をマッサージするときにはクリームを使う人がほとんどだと思いますが、時間がたつとクリームはお肌に吸収されてしまい、何もない状態のお肌をただこすっているだけという状態になるのです。

お肌をマッサージするときは、適度な時間で切り上げることをお忘れなく。

皮膚を伸ばすのは絶対にダメ

マッサージをするときについついやりがちなことですが、皮膚を無理やり伸ばすことは絶対にダメです。
シワを伸ばしたいと思うあまり、皮膚を無理に伸ばすと、もともと緩んでいる細胞繊維がさらに緩んで新しいシワを作り出す原因となります。
お肌に触るときは常に優しくしましょう。
間違っても、無理に引っ張ったり、伸ばしたりしないようにしましょう。

 
 

日常のちょっとしたお手入れで、シワは予防できる

一度できるとなかなか消えてくれない、厄介なシワ。
既にできたシワのケアも大事ですが、そもそもシワができないように普段からケアすることはもっと大事です。
食事や生活習慣にちょっと気を付けるだけで、シワを予防することは可能ですので、普段の生活を見直しシワを作らないよう心がけましょう。
また、できてしまったシワに対しても、保湿などをしっかりして対処し、薄くしていくよう努力しましょう。

美しい肌は日常の工夫から生まれます。
しっかりとシワ予防を行い、年齢を重ねてもきれいなお肌を目指しましょう。

 
 

-40代 スキンケア
-,

Copyright© 10歳若く見られる 40代 アラフォー世代 美容 健康 口コミ まとめ♪ , 2017 All Rights Reserved.