10歳若く見られる 40代 アラフォー世代 美容 健康 口コミ まとめ♪

10歳若く見られるため 40代を美しく健康で過ごすために色々試してまとめています

レチノール化粧品 で肌トラブルとサヨナラ!効果的な使い方とおすすめ人気商品をチェック!

更新日:

レチノール化粧品 で肌トラブルとサヨナラ!効果的な使い方とおすすめ人気商品をチェック!
レチノール化粧品

レチノールはシミ、シワ、たるみといったアンチエイジングや、ニキビ予防といった肌トラブル全般を解決してくれる頼もしい成分です。しかし、レチノールを配合した化粧品で万事解決!というわけにはいかないようです。
強力な効果を持つだけあって使用方法にもちょっとした注意が必要ですので、レチノールの使い方や、おすすめの化粧品を紹介します。

 
 

レチノールは医療用だった成分

もともと「レチノール(れちのーる)」は、ニキビや火傷跡が残る皮膚のケアのために医療用として用いられてきたものです。しかし、治療のためではなく美容のために濃度を下げて化粧品に配合されたものが現在いくつか発売されています。

あまりにも濃度が高いものだと、副作用が出てしまうこともあるため、一般に流通している「レチノール化粧品」に配合されているレチノールは0.1%ほどだそうです。しかし、それだけでもレチノールの効果が十分に発揮されるよう、各メーカーが改良を重ねています。
副作用が出るなんて、と思われるかもしれませんが、「レチノール(れちのーる)」はビタミンAに含まれるものですので、過剰に警戒する必要はありません。

 
 

レチノールにはどんな効果があるのか

レチノールはアンチエイジングに有効な成分として知られています。レチノールには肌の細胞のターンオーバーを促すという作用があるだけでなく、肌のハリには欠かせないヒアルロン酸、コラーゲンといったものを作り出す細胞の再生も促すため、シワやたるみといったエイジングによるトラブルに有効なのです。

さらに、余分な角質を取り除くピーリング効果も持っており、レチノールを使用することで角質層にあるメラニン色素を取り除いて、シミやそばかすといった肌トラブルの予防と解消に役立ちます。
このピーリング効果は、角質がたまって毛穴がつまってしまったことによるニキビにも効果的だと言われていますので、アンチエイジングだけでなく若い世代の肌トラブルにもレチノールは有効だと言えるでしょう。

 
 

注意してほしい点

かなり魅力的な成分であるレチノールですが、一般に流通している化粧品を購入したとしても副作用が出てしまうことがあります。初めて使う方は本当に自分の肌にレチノールが合うのかという点をきちんと見極められるよう、以下のポイントを覚えておいてください。

レチノールで発生するかもしれない副作用

もともと医療用品であったレチノールを使う際には、医師の指導を受けて適切に使用するように言われていました。医療用のレチノールではなく化粧品に配合されているレチノールにはそこまで注意しなければいけないということはないのですが、それでも「レチノール(れちのーる)」は少々特別な成分ですので、普通の化粧品と同じように使って、いきなり副作用が出るとかなり驚かれてしまうと思います。

主な副作用としては、肌に赤みが出る、かゆみが出る、ひどく乾燥するといったものです。これが酷くなると、皮が剥けてしまうということもあります。
お肌のために使う化粧品でこんなことになってしまうと辛いのですが、こういった症状はレチノールの刺激に驚いた肌の反応だと言われています。
大体1週間くらいレチノールを配合した化粧品を使っていると、赤みやかゆみは減っていくとされていますが、肌トラブルは目に見えやすいものですので気になる場合は医療機関を受診して医師に相談したり、使用を止めたりしてください。

妊婦はレチノールを使用しない方が良い?

「レチノール(れちのーる)」を取り入れることで、胎児に異常が出てしまうという研究結果があります。しかしこれは肌に塗っただけの妊婦ではないので、一概にレチノールを使ってはいけない!とは言い切れません。しかし、何かトラブルがあってはいけませんので、妊婦さんはレチノールを使用するのは控えた方が良いでしょう。
どうしても使いたい方は、一度かかりつけのお医者さんに相談してみましょう。

 
 

レチノール化粧品、どう選ぶ?

「レチノール(れちのーる)」とひと言で言っても、レチノールには成分や特徴がいくつかあります。レチノールは体の中にあるビタミンAを指すものですが、これだけでは効果を発揮してくれません。私たちが期待するようなアンチエイジング効果や肌トラブル解消の働きをしてもらうためには、レチノールからレチナールという成分に変化させた後、さらに作られるレチノイン酸という成分が必要になります。

レチノイン酸は、ビタミンAの持つ生理活性機能と比べて約300倍とも言われる力を持つ成分ですが、これでは強力すぎて副作用もかなり強く出てしまいます。そのため、レチノイン酸をそのまま化粧品として使っている商品はあまり多くありませんし、初めてレチノール配合のアイテムを使うという方は使用を避けた方が良いと言われています。

レチノール配合のアイテムに即効性を求めたい方には、ピュアレチナールが配合されたものがおすすめなのですが、こちらもレチノール初心者の方の肌には強い刺激となってしまいますので使用はおすすめできません。

「じゃあ何を使えば良いの?」と思われるでしょうが、レチノールを初めて使う場合に手にして欲しいのは、レチナール誘導体といった成分を使った化粧品になります。
レチノールを誘導体すると、酢酸レチノール、パルミチン酸レチノールというものになり、肌トラブルのもとにならないように安定させられているため、レチノール初心者の方にはおすすめです。

しかし、肌がどのような反応をするかは使用してみなければ分かりませんので、まずは
パッチテストを行ったり、テスター、試供品といったものを使ったりして自分の肌の状態を見てみましょう。

 
 

効果的な使い方

「レチノール化粧品」の多くは、美容液やクリームになります。それは、「レチノール(れちのーる)」が油に溶けやすいという性質を利用しているからです。ですので、化粧水の後、乳液や美容液を付ける前にレチノール化粧品を使用すると効果が得られやすくなります。
購入したレチノール化粧品の使用方法なども確認して、正しく使いましょう。

ひとつ注意して頂きたいのは、レチノールのピーリング効果です。ピーリングによって角質を取ると一時的に肌が弱くなるのはわりと知られていますが、レチノール化粧品を使った場合も同様です。
そのため、レチノール化粧品を使うと日焼けしやすくなってしまうので、きちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。レチノール化粧品の使用を夜だけにしているという方もおられます。

また、生理前や睡眠不足といったことで肌の状態は不安定になってしまうのですが、それによってレチノールの副作用が出ることもあると言われています。普段は何のトラブルもないのに、生理前に赤みが出てしまった!ということもあるようですので、生理周期に合わせてレチノール化粧品の使用を止めたり、肌が疲れていると感じる時にも使用しないようにするなどの工夫が必要です。

 
 

人気のレチノール化粧品 ランキング

レチノール化粧品の中から人気が高い化粧品をピックアップします。ぜひ、レチノール化粧品を選ぶ際の参考にしてください。

1.レチノバイタルシリーズ(資生堂)

レチノバイタルエッセンス(資生堂)
エリクシール シュペリエル レチノバイタル エッセンス

HP⇒エリクシール シュペリエル レチノバイタル エッセンス

こちらは、資生堂が開発しているエリクシール シュペリエルから発売されているレチノール化粧品です。エリクシールシリーズはドラッグストアでも購入できるため、入手しやすいアイテムです。
こちらの商品は医薬部外品で、1滴のうちにレチノールのカプセルが1700個も入っているのに低刺激という特徴を持っています。また、潤いに満ちたハリのある肌を作ってくれるエリクシール シュペリエルの特徴も発揮できるように、コラーゲンとスーパーヒアルロン酸を配合しています。
エイジングケアには乾燥対策も必要ですので、これは嬉しいですね。

 

レチノバイタルクリーム(資生堂)
エリクシール シュペリエル レチノバイタル クリーム

HP⇒エリクシール シュペリエル レチノバイタル クリーム

目もと口もとの肌に、ハリを与える薬用部分用美容液
目もと・口もとの深く気になる肌に、ハリを与える薬用部分用美容液。こくのあるリッチな感触で湧き上がるようなハリ感をもたらします。薬用有効成分純粋レチノール、保湿成分スーパーヒアルロン酸*などを贅沢に配合。*アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム配合。気になる部分に効果成分をじっくり送り届け、うるおいに満ちた肌が実感できます。

 

レチノバイタルアイマスク(資生堂)
エリクシール シュペリエル レチノバイタル アイマスク2

HP⇒エリクシール シュペリエル レチノバイタル アイマスク

深く気になる目もとを集中ケアする、薬用シート状アイマスク
乾燥・ハリのなさ・暗い印象など、深く気になる目もとを集中ケア。純粋レチノール配合の美容液をたっぷりしみ込ませたシートを目もとに密着。天然素材のシートが目の下や目尻にぴったりフィットします。はがした後には、ピンとした豊かなハリ感が生まれます。

 

2. b.glen QuSomeレチノA(ビーグレン)

HP⇒b.glen QuSomeレチノA

通信販売のスキンケアアイテムの中でもかなり高い知名度のビーグレンからも、レチノールを配合したアイテムが発売されています。
レチノイン酸とピュアレチノールを配合しているので効果はかなり高いと思われるのですが、そこに独自の技術を使って低刺激かつ、浸透しやすくなるように工夫されているアイテムです。
肌が弱いけれど、こちらの商品を使っているという方もおられます。

 

3.セイクレッド ビューティ アイクリーム(ベリタス)

ベリタス セイクレッドビューティ アイクリーム

HP⇒目元の乾燥による小ジワを目立たなくする、効能評価試験済みセイクレッドビューティアイクリーム

シルク姉さん愛用まつ毛美容液「ラピッドラッシュ」の販売元である「ベリタス」のレチノール配合アイクリーム。アイクリーム以外にもほうれいせんケア、首のシワにも使えます
エイジングケアとして注目の「水溶性ビタミンA」が乾燥による小ジワを。「アセチルテトラペプチド-5」が明るい目元を。さらにまぶたや目の下のハリ不足にうれしい「初乳」を配合。「乾燥による小じわ」を目立たなくして、ピンとハリのある若々しい目元に整えてくれます。
使い方は朝晩、化粧水の後、左右の目元に米粒大にとったクリームを優しく伸ばすだけ。法令線や口角周りケアにもおすすめです!

 

4.アンチサインズエッセンス(オルビス)

HP⇒オルビス(ORBIS) アンチサインズエッセンス 15g ◎目元・口元の部分用薬用美容液◎ [医薬部外品]

化粧水やクレンジングといったスキンケアアイテムの人気が高いオルビスも、レチノールを配合した美容液を開発しています。
こちらはレチノールを安定させておくためにレチノールをカプセル状にした、持続性レチノールカプセルという技術を使っています。これにより、肌に塗ってからゆっくりとレチノールが溶けて浸透していくという状態になり、より肌のハリが出やすくなるそうです。
保湿成分は植物性のものが配合されており、お肌への優しく浸透しつつ保湿効果を発揮します。

 
 

まとめ

肌トラブルとアンチエイジングどちらにも効果を出してくれると知ると、レチノール化粧品を使いたい!と思われるのではないでしょうか。正しく使えばレチノールは数年先のお肌をよりよいものにしてくれますが、副作用のことも気になりますよね。
慎重に吟味して、まずは一つレチノール化粧品にトライしてみてください!

 
 

-40代 スキンケア
-

Copyright© 10歳若く見られる 40代 アラフォー世代 美容 健康 口コミ まとめ♪ , 2017 All Rights Reserved.